知っておきたい振袖・袴の豆知識

  • セットプラン&キャンペーン案内
  • CMモデル紹介 詳しくはこちら
  • 振袖・袴コレクション
  • お選びいただいている6つの理由
  • 今どき女子の成人式と正しいマナー
  • 2016年 振袖・袴人気RANKING
  • 特集!先輩たちの成人式・卒業式~当日のスナップギャラリー~
  • 一生の思い出になる卒業式
  • お問い合わせからご予約・当日の流れ
  • 知っておきたい振袖・袴の豆知識
  • よくあるご質問
  • お喜びの声
  • 男の子用 袴
  • ご予約・お問い合わせはこちらから

    • 熊本県 / 熊本本店
    • ウエディングマイン八代店
    • ウエディングマイン玉名店
    • ウエディングマイン出水店

似合う振袖・袴の選び方と豆知識

自分に似合う振袖・袴を着用すれば、式典もすてきな思い出になります。
しかし、振袖・袴を探しているけど、どんなものが自分に似合うか分からない……という人は多いはず。
熊本のレンタルドレスショップ「ウェディングマイン」が、ご自身に似合う振袖・袴の選び方と、日本の女性と振袖・袴の密接な関係についてご紹介します。

自分に似合う振袖の選び方

自分に似合う振袖の選び方

振袖のカラーや柄は様々あります。古典的なものから、モダンなもの、かわいらしいもの、上品なものなど。
ウェディングマインでは、これらの多種多様な種類の振袖を、幅広く取り扱っています。
どんな振袖を選んだらいいのか分からない……という方は、当店にお越しください。豊富な種類の中から、あなたにピッタリな振袖をご提案します。

以下では、自分に似合う振袖選びの基本として、体型別の選び方をご紹介。

身長で選ぶ

身長で選ぶ

身長が高めの人には、濃い色のもので、柄も大ぶりな振袖がおすすめです。大きくはっきりとした柄は、メリハリが出るので格好よく着こなすことができますよ!
小さな柄のものだと、振袖の生地面積がより拡張されるため、高身長がより強調されてしまいます。

逆に背が低めの人は、淡い色で柄の細かい振袖が似合います。
キュートに仕上げることで、かわいらしい印象に着こなすことができます。大柄なものは、着付けの際に柄の出方が全体的に見えにくくなってしまうので、華やかさがなくなってしまうのです。

体型で選ぶ

体型で選ぶ

スリムな人は、寒色系よりも温かみのあるピンクや黄色などがおすすめ。
淡いカラーの振袖はボリューム感を出す効果があります!

逆にふっくらとした体型の人は、濃い色合いで大柄の振袖が似合います。紺色や黒色で引き締め効果を出し、大きめの柄で振袖の面積を小さく見せることができます。

振袖の豆知識

振袖は、成人式や結婚式などの晴れの日に着用する、女子の憧れのアイテムです。そんな振袖に関する豆知識をご紹介します!

振袖の起源は江戸時代
振袖が誕生したのは江戸時代のことだと言われています。諸説ありますが、ひとつには舞踊を披露する際、舞台の上でより美しく見えるようにするために袖を長くしたと言われています。
どうして成人式には振袖?
振袖は、未婚の女性が着用する最も格式の高い着物です。成人式という人生の晴れ舞台ですから、振袖を着用するのです。袖を振る仕草は、「好き」「嫌い」のサインの他、厄払い・清めの儀式に通じます。結婚式や成人式の日に振袖を着ることは、人生の門出に身を清めるという意味を持つようになりました。

袴の組み合わせによる印象の違い

袴の組み合わせによる印象の違い

袴は、上に着る着物とのバランスを考えてコーディネートしなければなりません。組み合わせによって印象はガラッと変わって見えてしまうからです。
例えば、着物と袴を同色系で合わせるとスッキリとした印象になり、逆に対照的な色で組み合わせるとメリハリのあるイメージになります。スッキリとした同色系の組み合わせなら、上品で女性らしい雰囲気に。メリハリのある組み合わせは、かわいらしさやゴージャスな雰囲気を演出できます。

その他にも、髪型やメイク、肌の色などでも雰囲気や印象は変わってくるので、専門のスタッフさんに相談しながら決めるのがおすすめです。
ウェディングマインでは、みなさんの袴選びをお手伝いします。20代の専門スタッフもいるので、トレンドなどを取り入れたアドバイスができますよ!お気軽にご相談ください!

袴の豆知識

袴は、女の子の卒業式には欠かせないアイテムです。どうして卒業式に袴を着るの?いつから着られているの?といった、袴の歴史をご紹介します!

明治時代から着られている袴
女性が一般的に袴を着るようになったのは、明治時代。欧米文化が広がり始めたことで、裾さばきが気にならず、簡単に歩ける服装が求められるようになりました。最初は学校の女性教員が着るようになり、それからは女学生の制服として用いられました。袴に編み上げブーツを組み合わせたり、洋風のヘアスタイルを合わせたりするなど、日本文化と欧米文化が混じったファッションが大流行したのです。
どうして卒業式に袴を着るの?
昭和に入り、多くの人気女優さんたちの袴姿がテレビや舞台で見られるようになりました。それらの姿に多くの女性たちが憧れを持ったため、晴れ舞台である卒業式では袴を着ることが定着したようです。
また、袴の定番の模様である「矢絣(やがすり)」ですが、「矢のようにまっすぐ突き進め」という意味が込められています。卒業など門出にふさわしいとされているので、人気があるのです。
  • ご予約・お問い合わせはこちらから
  • 卒業式を迎えるあなたへ
  • 成人式を迎えるあなたへ
  • ご予約・お問い合わせはこちらから

    • 熊本県 / 熊本本店
    • ウエディングマイン八代店
    • ウエディングマイン玉名店
    • ウエディングマイン出水店